<< パンの夏休みのお知らせ 宮崎 陶芸の里 >>

豆乳ヨーグルト味比べ

d0155147_19444635.jpg

連日、米のとぎ汁乳酸菌でヨーグルトを作っています。
家で大豆を搾って豆乳を作るとおいしく、安上がりに出来るそうですが、なかなかそこまでは出来ませんのでもっぱら豆乳を購入していますが、豆乳によって出来具合もいろいろ。
そこで今日は3種類の豆乳で作り、食べ比べてみました!
d0155147_19445421.jpg
九州産「ふくゆたか」。大豆固形分は9パーセント、固まり具合はゆるゆる。味はなんとなく渋さがあるような?
d0155147_19445226.jpg
有機大豆(たぶん中国産?)大豆固形分は9パーセント以上。これもゆるゆる。くせのない味。
d0155147_19445094.jpg
北海道産大豆。大豆固形分12パーセント以上。固まりは具合は硬め。味は豆腐ができる豆乳とのことでさすがに豆豆しい。

発酵は揺らしてみて固まり始めてるなと思ったら冷蔵庫に入れています。(今日は室温30度で7時間くらい)
もうちょっと、もうちょっとと思って出しっぱなしにしていると少しビリビリ感が出てきます。
私は大丈夫なのですが、子どもたちがびりびりヨーグルトはいまひとつ。。。
あと、乳酸菌が若いとシュワ・ピリになるような気がします。

しかし、同じ家族でも味覚は違うものです。
私は少し豆豆しさと米ぬかくささが気になるのですが、(重)は全然気にならず、むしろ「牛乳のヨーグルトみたいにすっぱくなくておいしい」と大好評です。
上の子も大変気に入っているので毎朝食べていますが、下の子はいまいちみたいで食べたりたべなかったりです。


巷では米とぎ汁乳酸菌が一騒動になっているようで。。。
「殺菌・消毒」が常識の現代にあっては仕方がないことかもしれません。
でも、こんなに楽しくおいしい豆乳ヨーグルトを伝授してくれた飯山さんには感謝です。

【豆知識】 乳酸菌⇒NSK、ヨーグルト⇒YGTと書くようです(^_^;
[PR]
by kitsunekopan | 2011-07-26 20:29 | 酵母・酵素・乳酸菌など | Comments(0)
<< パンの夏休みのお知らせ 宮崎 陶芸の里 >>