<< パンの放射能検査、シリアルナッ... マーマレード作り。。。 >>

book cafe 火星の庭

先日2月19日に行われた「おとのわ」・・・大盛況だったようです!
送ったパンとお菓子もほぼ完売とのことでほっとしました^^
d0155147_19195277.jpg
いつもお世話になっている火星の庭さんは本当にパワフルでそれは久美子さんの書いた本『ブックカフェのある街』を読んでいただければそのすごさを知ることができます。。。(だんな様がまたすばらしい!こちらにも書きました^^)

その前野久美子さんのインタヴューが宮城県の復興応援ブログ「ココロプレス」にありました。
・・・「50年、100年経ったとき今がどう見えるか、未来の人たちが見ている気がしますね。
未曾有の大惨事に直面した時、人はどう行動するのか。その見本となれるのかどうかを、東北の人たちは突き付けられていると思います。震災、津波、原発事故・・・、生きている限り、どの地にいても起きる可能性があるわけで、先んじて私たちは体験させられている。
その時、この土地の人はどうしたか、私たちはすごいメッセージ性の強い時代を生きているのだと思います」
・・・この言葉がズシンと響きました。。。

震災からもうすぐ一年、私はまだこの震災のことを整理できず、言葉にできずにいます。。。
[PR]
by kitsunekopan | 2012-02-28 19:27 | 日記 | Comments(2)
Commented by 石神バーバ at 2012-03-03 21:25 x
整理できずに言葉にできずにいる、って、私もわかります。というか、わたしなどが何を言うことができるのか?という自問自答があります。
Commented by kitsunekopan at 2012-03-04 07:28
石神バーバさん、ありがとうございます。
私もです。特にパン屋をやっている自分と個人的な自分の発言をどこまでどう出していいのかにも悩みます。(何も考えずに出しちゃってあせること多々、、、(-_-;
<< パンの放射能検査、シリアルナッ... マーマレード作り。。。 >>