<< お茶目な猫(=^ェ^=)くると... とろりん豆乳ヨーグルト~ >>

この一年。。。

あらためて、この震災でお亡くなりになられた方へのご冥福と、被災された皆様へこころよりお見舞い申し上げます。

夏に小出さんの講演会に行った時、「世界は変わってしまったのです。もう3.11以前には戻れないのです・・・」というような言葉を聞いた時に、どぉ~っと流れる涙を止められませんでした。。。
d0155147_20552469.jpg

3月12日、福島原発が制御不能になったとラジオで聞き、山形へ向かいました。
最上あたりでようやくコンビニが開いていて、買い物をした後にラジオで爆発のニュースが流れたようなのですが、私は良く憶えていないのです。
山形に着いてからも頭痛がひどいのとやたらと眠いのでぼーっとしていました。
そんな中でも持って行ったノートパソコンでその時のことを13日のブログに書きました。
d0155147_20553613.jpg

宮城からは発送はできなかったのですが、日本海側の個人のお宅への発送荷物が2件あり、持って来ていました。1件は地元の友人のものなので取りにきてもらい、もう1件はもしかして山形からなら発送できるかも、と思ったのですがやはり宅配業者は動いておらず、断念。。。
実はこの方からは地震当日のお昼頃にFAXをいただいていました。
いつも暖かい言葉で励ましのメッセージが書かれています。
その日は「送っていただくのは全然急がなくてよいので・・・1ヶ月でも1年でも待ちますから・・・」との主旨でした。
私はそのFAXを見たとき、「え?1ヶ月?」とちょっとびっくりしたのですが、その日発送を予定していてまさしく焼いている途中でしたので、荷物にひとこと書けばいいと思い、お返事は出さずに仕事を続け、梱包した後地震がきたのでした。

山形からは電話が通じたので送れないことをその方へ連絡した時にFAXのことを聞いてみたら自分もなぜあんな風に書いたのかよくわからない、とのこと。
私も水を買っておいたほうが良いとブログに書いたことを見てくださったようで、二人できっと何か感じるものがあったのかもしれませんね、とお話しました。

結局、運送業者さんが動き出した3月後半にも荷物を営業所に持っていくガソリンがなく、その方へようやく送ったのはFAX通り、1ヶ月後となりました。。。
d0155147_20553312.jpg

ちょうど地震前の9日からツイッターを始めていましたので山形に居ながらにして宮城の地元の情報を得ることができ、大変助かりました。

この震災はまだまだ終わってはいないのですが、確実に変わったと思うのはもちろん人々のおもいやりやボランティア精神もありますが、ものすごい数のごく普通の私たちがものすごい量の知識を一気に得たこともあるのではないでしょうか?
今までなら決して見ることのなかった原発関連の難解なファイルを読み、政治に関する記事を読み、海外からの情報を探し、気象やガイガーカウンター、放射性核種の知識を得ました。
まだまだどうなるかわからないことだらけですが、、、。

山形では宮城に戻ったらもしかしてなかなか買えないかもしれないと思い、ホームセンターで少々オーバーかなと思いつつ、農薬散布用の防護マスクとゴーグルを買ってきました^^
しばらくは家でそれをつけて、そうとうあやしい感じでしたが、下の子と私たちが体調を崩し、特に下の子は鼻血、リンパの腫れ、目の下のクマ、私は白血球数が減少したからか、体力が極端になくなり日に何度も休みながら仕事をしました。そして移住することも考えましたが、夏に子供たちと(重)が北海道へ保養に行き、下の子の体調も良くなり、私も徐々に体力が回復してきました。

そんなこともあり、とにかくパン工房 麦では放射性物質のない商品を作りたいと考えています。
これからまだまだ大変なことがあると思いますが、日本が良い方向へ向かっていくことを願っています。。。
[PR]
by kitsunekopan | 2012-03-10 22:57 | 日記 | Comments(0)
<< お茶目な猫(=^ェ^=)くると... とろりん豆乳ヨーグルト~ >>