<< あんこのおやつ ~水まんじゅう~ 連休中も休まず焼きま~す! >>

最近読んだ本&マンガ~

細菌四打本←こんな変換いやだ~(-_-;
d0155147_18354012.jpg
上段から左、『建築の大転換』中沢新一・伊東豊雄著。表紙はでいだらぼっちでしょうか~?エネルギーに関する中沢氏独自の考えに唸る。

真中、『もやしもん 11』石川 雅之著。いつもの菜の花村店長より~

右『ウェブ炎上』荻上チキ。99p~100pのご自身の体験談が笑える、というか笑えない。

下段左、『チーズのお菓子』小川 聖子著。いろいろ挑戦したい~

右『がっつり粉ものごはんの本』つむぎや著。ちょうどラジオに出ていてびっくり。男子2人のユニットらしい。粉ものごはん大好き~おいしそぅ!


d0155147_18352876.jpg
上段左から、『絶望の国の幸福な若者たち』古市 憲寿著。朝生ではチキさんにやられっぱなしでしたが、素直に面白かった。「生温かく見守る」という言い方など若者らしい(?)言葉そのままに書いている。

右『放射能がクラゲとやってくる』水口 憲哉著。菜の花村ライブラリーより。この本2006年初版発行。再処理工場が放射能を空気中や海に捨てることに警鐘をならしています。イギリス、セラフィールド(旧ウィンズケール)再処理工場の事故による海洋汚染でイギリスに滞在中に食べた魚のために全身放射線量が跳ね上がったことを家族の調査でつきとめた東大医学部助教授の話は必読。

下段左、『第2図書係補佐』又吉 直樹著。こちらも菜の花村店長さんより。又吉さんご自身の暗くネガティブなエピソードが奔放に綴られていておかしい。

真中、あれ、こっちにも写っている!上と同じ『ウェブ炎上』

右『福島からあなたへ』武藤 類子著, 森住 卓(写真)。これはもう泣きながら読みました。
最初に「9.19さよなら原発5万人集会」での武藤さんのスピーチ。これは当日からインターネット上に動画が投稿され、ツイッターなどを通して世界に広がり各国の言葉に翻訳された。動画の再生回数は4万回を超える、、、文字起こしを読まれた方も多いのでは。

私たちは電気も車もすでにある世界に生まれ、そのことを疑うことなしに生きてきました。ちょっと知識を得て批判的な言動を発すれば、「その恩恵を享受している限り何も言うべきではない」という空気が立ち込め、そのことに無関心でいるしか忘れるしか正常に生きるすべはなくなっていたようにも思います。
でも武藤さんは地道に、しなやかに、非暴力で訴え続けてこられた方でした。
一部引用
・・・すばやく張り巡らされた安全キャンペーンと不安のはざまで、引き裂かれていく人と人とのつながり。
地域で、職場で、家庭の中で、どれだけの人々が悩みくるしんだことでしょう。
毎日、毎日、否応なくせまられる決断。
逃げる、逃げない。
食べる、食べない。
洗濯物を外に干す、干さない。
子どもにマスクをさせる、させない。
畑を耕す、耕さない。
何かにもの申す。黙る。
さまざまな苦渋の選択がありました。
・・・・
引用終わり

こんなことが現実に起きるとは思わなかったのは想像力の欠如か。はたまたそんなこといちいち考えていたら生きていけないよ、という圧倒的な国民的合意か。。。
原発事故は今ここに生きている私自身の映し鏡であるとつくづく感じます。。。
[PR]
by kitsunekopan | 2012-04-26 20:32 | 最近読んだ本&マンガ | Comments(0)
<< あんこのおやつ ~水まんじゅう~ 連休中も休まず焼きま~す! >>