<< 春間近 きつねこぱんVol.168です! >>

17日より、菜の花村さんで工房もくきちさんの食器展始まります!

このブログでもたびたびご登場いただいている工房もくきちさんの木の器など、、、この度、菜の花村さんで17日から展示販売されます。
題して「パン工房 麦さんのおともだちの食器展」(笑)の第一弾です!!
d0155147_19444798.jpg
日程は17日~21日は本店で、22日~29日は利府店で開催されます。

そのうえやまさんとの出会いは1997年頃だったでしょうか、奈良の川口由一さんの映画『自然農』の上映会の後、実際に自分たちでもやりたいという人が集まり、田んぼと畑を貸してくれる友人がいたので約月に一回のペースで勉強会を始めた時に誰か講師に来てくれる人はいないかと探した折、丸森町のかたくり農園の北村さんより紹介していただいたのでした。
うえやまさんの野菜や米作りは奈良の勉強会でも随一と川口さんも太鼓判(笑)!!

そんなうえやまさんの基本は自給。
食べる物は勿論、自分で使うものを自分で作れたら‘ステキ’や~ん!で始まっているとのこと^^
木の器などを作り始めたのは、2000年ころからで、友達にあげたりしているうち、お店に置いてもらえるようになり、「作品」として作り始めたのは2002年ころから・・・
そうこうしているうちに、木地師の方と出会い、教えて頂けることになり、旋盤を使い始めたのは2004年ころ。
2006年に自分の旋盤を手に入れ、腕も上達。
2008年「工房もくきち」として、本格的に作品を作り始め、今に至るそうです。
d0155147_20323893.jpg
木工をしよう!とは全然考えていなかったそうなのですが、人との出会いや物との出会いで、「するはめになってしまった」という感じなのだとか。
でもそのおかげで楽しく暮らせているとのこと・・・何よりですよね!!
d0155147_20352620.jpg
「今は、自分のするべき仕事として、木工。
経済的安定のため、アルバイト少し。
畑は、もう生活の一部・体の一部、切り離せないものとして在ります。」
とのこと。
モットーは「長く使い続けられるものを作る」・・・
手入れやお直しをしながら、自分が使うものに愛着を持ってもらい、
そして使えなくなったとしても、ごみにならないもの。
暮らしのモットーは「できるだけ小さなエネルギーで暮らす」・・・
これはもう、うえやまさんのブログを見ていただければ随所にその様子がうかがえます。
d0155147_203631100.jpg
そんなうえやまさんとは、畑に講師として来て頂くのが終わってからも、こちらでは何度か大きな地震があったりしたので何かと心配していただき、手紙やメールをいただいていました。
そして我家でパン屋を開業してからはパンと木工品の物々交換を、震災以後は時々野菜も送っていただいています。

実際に手に取っていただけばその美しさや温かさに惚れ惚れすること間違いなし!^^ そして使っていくうちに手になじみ、色あいもいい感じに味わい深くなり、自分だけの大事な大事な器になっていきます。。。

どうぞお出かけいただき、手に取ってみて下さいませ!!

展示即売会のお問い合わせは「菜の花村」さんまで
宮城県登米市中田町石森字野元188-1
Tel.0220-34-6991
[PR]
by kitsunekopan | 2014-03-14 21:20 | お知らせ | Comments(0)
<< 春間近 きつねこぱんVol.168です! >>