<< レモンカードとロシア風クレープ... 小鳥観察 >>

阪神淡路大震災から20年。。。

あれから20年。。。今日は震災関連のラジオ番組を聴きながら、懐かしい写真を出して見ました。
風が運んだ救援隊』北川幸三著/長征社
d0155147_1949389.jpg
その頃、私はちょうど仙台での会社を辞め、こちらで(重)と暮らしはじめていました。
ぐりんぴいすの加藤哲夫さんの始めたエコロジー研究会の会員に毎月送られてくる冊子の中に、以前知り合った神戸の人がどんな形でもいいから手伝いに来てほしいと書いているのを見つけ、アルバイトの身軽さもあって長田区の諏佐野公園の「ちびくろ救援ぐるうぷ」に向かいました。
d0155147_1949578.jpg
その時も多分、カメラを持って行ったと思うのですが、あまり撮れなかったのか、どこかにいってしまったのか。。。残されている記憶はこの時出合ったカメラマンの北川さんが撮ってくれたこの写真のみ。でもこれを見ればあの時のことをいろいろと思い出します。
そうそう、まだ携帯電話が普及する前だったのですが、このボランティアクループの代表の村井さんはすでに持っていて、車の運転をしながらひっきりなしに片手運転をするので、私は見るに見かねてギアチェンジを手伝ったのでした^^。村井さんも最初はびっくりしていましたが、そのうちクラッチを踏むタイミングも合ってきてスムーズに。。。道路は道なき道になっていて左側通行は実質できない状態でしたが、うまいこと運転してあちこち回りました。
炊き出しや救援物資の配給、足湯マッサージ、、、たくさんの人が出ては入って、私の居た1週間ほどはほんの一瞬でしかなかったのですが、強烈な印象が残っています。
あの時一緒に行動した人たちはいまどうしているでしょうか。
本当に大変な惨状の中ではありましたが、いろんな人が全国から駆け付けて、それぞれができることを少しづつ手伝うという形はこの後の災害にも繋がったのだと思います。
[PR]
by kitsunekopan | 2015-01-17 20:50 | 日記 | Comments(0)
<< レモンカードとロシア風クレープ... 小鳥観察 >>