<< 花野果市場さん20日より改修工... マンガ「とりぱん」、DVD「六... >>

本に関するイベント3つ!!

今日、ラジオで『戦地の図書館~海を越えた一億四千万冊』(著・モリー・グプティル・マニング)の本の紹介を聴きました。第二次世界大戦終結までに、ナチス・ドイツは発禁・焚書によって一億冊を超える書物をこの世から消し去り、対するアメリカは、およそ一億四千万冊の書物を戦地の兵隊たちに本を送り続けたそうです。。
アメリカの図書館員たちは、全国から寄付された書籍を兵士に送る図書運動を展開し、軍と出版業界は、兵士用に作られた新しいペーパーバック“兵隊文庫”を発行して、あらゆるジャンルの本を世界中の戦地に送り届けたとのこと。
本が人間に与える影響がいかに大きいのかをどちらの国も知っていたのですね。。。私も読みたいと思います。

これから本に関するイベントが目白押しですよ~
まずは、みなみさんりくブックスのオープンイベントです!
d0155147_16514911.jpg
以下、facebookページより

日時:2016年6月25日(土) 10:00~
場所:さんさん館 (住所:宮城県本吉郡南三陸町入谷字山の神10-1)
内容:
10:00 挨拶・愛称発表、南三陸杉を使った本棚とソファ&テーブルのお披露目
     展示「はじまりの一冊」
     みなみさんりくブックスメンバーが選んだ16名の選書人による「はじまりの一冊」を展示します。
11:00-13:30 さんさん館コラボ企画◎ワンデイ・カフェ ランチ限定30食(有料)旬の美味しい野菜をたっぷり使った      ワンプレートランチをご用意しています。
14:00-15:00 パフォーマンス「ポエトリー・リーディング」テーマ:はじまり
     詩:武田こうじ 音:­佐藤知里

入場無料、申込不要

※しばらくの間、本はこの場所での閲覧のみとなります。

主催:みなみさんりくブックス
http://minamisanrikubooks.tumblr.com/

*パン工房麦では本の形のオリジナルクッキーを依頼されています^^


そしてこちらは涌谷町公民館図書室を創る会より
d0155147_1735931.jpg
以下文字データも(笑)
大人のためのオープン講座
人とわくやを元気にする図書室とは?

演題 「地域と図書館」
~わたしたちの生活の中で、どんな公民館図書室を創るのか~
 改めて公民館図書室と図書館の役割を学んでみましょう。
本屋さんとの違いもわかりやすくお話していただきます。
そして、みんなで涌谷町の公民館図書室のまちづくりに果たす役割について考えていきましょう。
日時 : 2016年 6月26日(日)10時から12時
会場 : 涌谷公民館会議室 涌谷町字下道69-1(0229-43-3001)
参加費 : 無料
講師 髙梨富佐(たかなし ふさ)さん  
   現在 東北福祉大学 教育学部専任講師
   大崎市図書館協議会委員、
   子ども読書コミュニティーネットワークプロジェクトみやぎ 会長
   1990年小牛田町近代図書館、2006年9月より美里町南郷図書館司書として開設時より20年間勤務。
   
申し込み・問い合わせ 6/18(まで)。当日直接参加も可能です。

*私たちが涌谷町に来て小牛田の図書館に通うようになったのもほぼ20年前から。以来、司書の髙梨さんには大変お世話になっています^^


こちらはパンやお菓子を使っていただいている柴田町のCafe andanteさんのイベントです!
d0155147_16524326.jpg
以下、アンダンテさんのページより

7月に、昨年に引き続き、元NHKアナウンサー、
山田誠浩さんをお招きして、朗読会を開催いたします。

『山田誠浩 朗読会』
7月23日土曜日 19:00〜(開場18:30)
7月24日日曜日 13:30〜(開場13:00)

演目:
遠藤周作 「夫婦の一日」
山本周五郎 「夕靄の中」

チケット 3500円(お茶とクッキー付き)

各公演とも28席限定

お問い合わせはcafe andante までお願いいたします。
d0155147_16524638.jpg
どうぞお出かけくださいませ~



[PR]
by kitsunekopan | 2016-06-16 17:48 | お知らせ | Comments(0)
<< 花野果市場さん20日より改修工... マンガ「とりぱん」、DVD「六... >>