2017年 03月 26日 ( 1 )

最近読んだ本...『顔ニモマケズ』他

ちょっと前に借りた本です。クロワッサンは菜の花村店長さんより。パンの美味しい食べ方あれこれ。
ブルータスの特集は「ZEN」...禅は相変わらず外国人に人気という印象。
『短歌ください』はダ・ヴィンチに連載中のものをまとめた3冊目。これはまさしく選者(穂村弘)へのラブレターのように感じるのは私だけだろうか?いかにも穂村さんが好きそうな言葉の選択と世界観。まあ、穂村さんが選者なのであたり前か^^
穂村さんの評がまた良くて、これが欲しいがために作者は頑張る(笑)。作者が意識しているか無意識かはわかりませんが、言葉の選択にそれがこぼれ出てしまうのでしょうかね。。
d0155147_19441509.jpg
顔ニモマケズ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語』の著者・水野敬也さんは、思春期のころ、醜形恐怖という外見への執着に悩んだ経験があり、それ以来、外見へのこだわりや劣等感は幸福を大きく左右する問題だと感じており、「見た目問題」に興味を持つようになりました。そして、NPO法人マイフェイス・マイスタイルの協力のもと、見た目に傷やアザなどの症状を持つ「見た目問題」当事者の方たちと会話を重ね、外見から生まれる仕事や恋愛の問題をどのように乗り越えていったのかを学び、その結果、彼ら・彼女らが問題を乗り越えたプロセスは、自分の外見に悩む人だけではなく人生の様々な悩みに応用できると確信したとのこと...(内容紹介より)
リンパ菅腫、網膜芽細胞腫、口唇口蓋裂、アルビノといった、疾患が元で見た目に問題を抱える、当事者9名に対するインタビューです。
単なる克服本ではなく、今もこれからも悩みながら生きて行くであろうと語るそれぞれの人の言葉には、すべての人にも共通する普遍的な、でも見落しがちな何かを気づかせてくれる力があると感じました。



[PR]
by kitsunekopan | 2017-03-26 20:45 | 最近読んだ本&マンガ | Comments(0)