<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

パンにまつわるエトセトラVol.130 鬼も泣く!?辛味噌の巻

d0155147_19292204.jpg
イグノーベル賞「猫は固体かつ液体か」の参考写真はこちら→
d0155147_19305643.jpg
鬼味噌チーズパン。めちゃ辛いのでご注意下さい(笑)




[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-26 19:44 | 通信 | Comments(0)

ルリタテハなど、最近見た蝶&蛾

今日は散歩中にきれいな蝶が飛んでいました。止まったところにそ~っと近づいて撮ることができました。
d0155147_12004548.jpg
黒と瑠璃色がきれいな羽をゆっくり閉じたり開いたり。ルリタテハでした。
d0155147_12005243.jpg
羽の裏面はまるで樹皮のようです。こうなるとまったく目立ちません。すごい保護色ですね~
d0155147_12005529.jpg
これは以前も載せたベニシジミ。ルリシジミも撮りたいな~と思っていましたが叶わず。
d0155147_12035150.jpg
よく見かける蝶。モンシロチョウだとばかり思っていましたが、もしかしてスジグロシロチョウかもしれません。
d0155147_12073877.jpg
羽の付け根部分に黄色いところがあります。
d0155147_12023833.jpg
これも!
d0155147_12024101.jpg
ここからは綺麗だけど蛾かな?
d0155147_12015954.jpg
モダンなデザイン(笑)のカノコガです。
d0155147_12014954.jpg
こちらの方はシロヒトリ。顔は可愛いんですけどね~
d0155147_12030951.jpg
アメリカシロヒトリのような害はないようです。
d0155147_12031302.jpg
こちら脇が水色で美しいタケカレハの幼虫
d0155147_12053816.jpg
もしかして以前ガラスにへばりついてる何者かはこの蛾だったのかな!?(それともシャチホコガ?)
d0155147_12043599.jpg






[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-23 13:09 | 昆虫 | Comments(0)

奥州涌谷 小里物語 ~小里仇討ち伝説~

今は廃校になった小里小学校向かいの国道沿いに一本の杉があります。なんと、この杉に仇討ち伝説があると知りました。
d0155147_19411053.jpg
小里小学校と箟岳小学校が合併してできた町立白山小学校の校長先生が書いた通信が町報と一緒に配られるのですが、今回はこの伝説のことが詳しく書かれていたのです。400年以上前の伝説で決して今の教育に沿うような内容ではないものの、地域に脈々と伝わってきたものを次代へつないでいくことは極めて大切であるという考えから、長編で難しい内容を子どもたちにも理解できるよう現代文に直し、一部省略・脚色したとのことです。
d0155147_19413691.jpg
この話は昭和52年発行された『小里物語』にも書いてありました。これは(重)の親戚にあたる木村純一さんが個人で調べた当時の個人情報(笑)や政治、産業、教育、人物回想、伝説、民話など満載の郷土史です。
d0155147_20222398.jpg
ここに17歳のお里が仇討ちした小笠原十丈夫の使用した名刀村政が埋められているとあって52年当時で「5回も雷が落ちたが、杉は今尚生きている。その杉の木付近の荒地を田圃に開拓した人は必ずその霊魂のために熱病に侵されたと語り継がれている。」と書かれています。確かにこの杉の木の天辺は雷に打たれたためか、枝がむき出しになっています。
d0155147_19411689.jpg
よく見ると、中心だけが枯れて周りは残ったようです。
d0155147_19412349.jpg
ところどころ太い針金で押さえてありましたが、付近にその伝説を示すような祠のようなものは何もありませんでした。
d0155147_19413045.jpg
いつも通っている道路に面した一本杉にそんな歴史があったとは、本当にびっくりしました。




[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-20 20:20 | 備忘録 | Comments(0)

男の工作室(笑)2

今日は祝日で下の子が休みなので配達がてら鉄のスコップや棒を切断してもらいに佐沼のコメリパワーに行きましたが、出来ないと断られ…グラインダーがあるのなら薄めの刃で切れるからと教えてもらい刃を買ってきました。
d0155147_18442128.jpg
わお!火の粉が凄い!
d0155147_18442914.jpg
ぎゃーーーーエプロンがー!!と慌てましたが大丈夫らしい(^_^;)
d0155147_18443233.jpg
かなり時間が掛かりましたが、手で切るよりずっと早くできたようです
d0155147_18443740.jpg
今日はここまで。
d0155147_18444180.jpg

[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-18 18:55 | 日記 | Comments(0)

きつねこぱん Vol.210です!

あんぱん、黒糖パン、グリッシーニ再開します!
d0155147_20025361.jpg
d0155147_20121604.jpg
d0155147_20101547.jpg
d0155147_20060665.jpg
d0155147_20154785.jpg

[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-13 20:18 | 通信 | Comments(0)

巨大ズッキーニなど

人の背丈ほどもあるイヌビエが草ぼうぼうの中にズッキーニが成長していました。
d0155147_11491274.jpg
パートの皆川さんに貸していた畑です。ジャガイモを収穫した後すっかり放っておいたらこんな巨大ズッキーニに(^_^;) このくらいのが何本かあったようで晴れた昨日収穫していきました。
d0155147_19454581.jpg
今日は(重)がようやく草刈りしました。
d0155147_19430791.jpg
よく見ると売っているくらいの長さのも何本かありました(笑)
d0155147_19431858.jpg
でも芯のあたりが腐ってきているのもあります。雨が多かったからでしょうか。
d0155147_19431453.jpg
そして私は大工の山本さんにいただいていた木っ端で工作を。。。
d0155147_19433075.jpg
ネルも作業中ずっと監督しています。
d0155147_19434687.jpg
結局一人で押さえながら釘を打つのは難しくて(重)に手伝ってもらいました。完成!
d0155147_19433359.jpg
パン工場の棚になりましたよ(^^)
d0155147_19574532.jpg

[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-09 20:05 | 日記 | Comments(0)

最近読んだ本&マンガ 『21世紀の民俗学』他

フィンランドでは図書館で本が借りられれば、作家に1冊15円の印税が入り、作家活動にも平均で一人あたり年間7000ユーロの補助金が出されるのだとか。また中国だったか、韓国だったかでは書店に無料の本があり、それは読んだ後に近くの図書館に返却(?)すれば良いのだとか。。。う~ん、そんな仕組みが日本にもあるといいですね。
さて、美里町図書館から(重)が借りてきた本...『21世紀の民俗学』畑中 章宏 (著) 内容紹介より・・・テクノロジーや流行と神仏・祭り・習俗が絡みあう、現代日本のリアルとは? 自撮り棒、事故物件、宇宙葬、ホメオパシー、アニメ聖地巡礼、無音盆踊り、河童の選挙権……? 
柳田国男や宮本常一以来、不安定で流動的な現象の中にこそ日本人の変わらぬ本質を見出してきた民俗学が、新時代に切り込む。
無音盆踊りはチラッとは聞いたことがありましたがよく知りませんでした。踊り手がFMラジオのイヤホンを着け、FM電波で発信される曲を聞きながら踊るのだそうで見物人は静寂の中ただ黙々と踊る人々を見ることになるのだとか。。。「イヤホン盆踊り」「サイレント盆踊り」とも呼ばれるこの風習(?)が始まった所以のひとつに盆踊りのお囃子やお祭りのざわめきを「騒音」だと捉える人々の出現があるようです。この流れは果たして広まるのか、ここだけの局所的な事象となるのか今後の展開は要チェックです。
現代の何気ない風習や風俗、習慣を書き留めて置くことは後に重要な歴史の資料となりえるのだろうと思います。『21世紀の資本論』を書いたピケティさんも時代の歴史データを分析するのに当時の小説に何気なく出てくる資産や所得の箇所が参考になると言ってましたしね^^
d0155147_17342590.jpg
銀の匙14』荒川弘(著)と『神さまたちの遊ぶ庭』宮下 奈都 (著)はいつもの菜の花村店長さまよりお借りしました~ありがとうございます!
『神さま~』は北海道に1年間移り住んだ一家の記録です。ちょうど長男さんが高校受験をどうするかで悩んだところで『銀の匙』のモデルとなった高校(エゾノー)が凄い人気となっているとのことも書かれていましたよ^^笑ったり泣いたり、読み進むうちにもうこの家族が親戚のように思えてきました(笑)

芸能人と文学賞』川口 則弘 (著) 内容紹介より・・・なぜ又吉直樹は芥川賞をとったのか、なぜ小泉今日子は講談社エッセイ賞を受賞したのか、なぜビートたけしも太田光も「ネタ」として「直木賞」を狙っていると言うのか。1925年、芥川龍之介の1枚の写真が「作家=芸能人」と「文学賞」の歴史を宿命づけた来年の芥川賞・直木賞は加藤ミリヤ、尾崎世界観、紗倉まな、あるいは星野源がとってもおかしくない! 文学賞80有余年「約束された」秘密の物語が今、ここに!
…と言うことでしたが、そもそも小説をあまり読まないので知っている本が少なく、かなり飛ばし読み。要するに首長や県議、はたまた国会議員になるのにアナウンサーを経ることが必須になってきたように、文学界でもタレントや芸能人経由の方が賞を狙えるという方程式が成り立っているということか!?(ちょっと違うかな?^_^;)

ブルータスは建築特集。ちょうど夏休みに地元鶴岡の新文化会館を見てきて、その建築物の仕上がりがすったもんだになっていると知りました。遠目に見ただけですが、けっこうな威圧感と、何故?と思えるような突飛なデザイン(失礼)で十分違和感がありましたが、壁面や屋根に凸凹やボコボコが酷く、作業場のような仕上がりです。設計側ではそれも意匠の内とのことですが、莫大なお金をかけているのに市民が自慢できないような建物になるのはとても残念です。さて、新文化会館は後にこのような特集があったらどんな風に評価されるのでしょうね。。。



[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-08 20:30 | 最近読んだ本&マンガ | Comments(0)

ジャングルジムのうた

あれはいつのことだったか かすかな記憶が浮かんでは沈む 
それが現実だったのか夢だったのか曖昧で 思い出そうとすると逃げてしまう
子どもの歓声 駆けてくる足音 柔らかく小さな手にギュッと握られる感触 
あたり前だった光景が ある日を境いに途絶えた 
戸惑う日々も過ぎ 今はただ雨が溶かしてくれるのを待つだけ
d0155147_20180593.jpg
d0155147_20171315.jpg
d0155147_20170830.jpg
d0155147_20172734.jpg
d0155147_20172253.jpg
d0155147_20170149.jpg
d0155147_20174358.jpg
d0155147_20181230.jpg
d0155147_20185336.jpg
d0155147_20190063.jpg

[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-05 20:35 | 日記 | Comments(0)

パンにまつわるエトセトラVol.129 簡単和風トーストの巻です。

納豆は偉い!炒め納豆、納豆チャーハン、納豆トースト...強い味方です^^
d0155147_08215520.jpg
d0155147_08220119.jpg

[PR]
by kitsunekopan | 2017-09-01 08:24 | 通信 | Comments(0)