10月8日、9日 塩竈市杉村惇美術館で『暮らしの市』です!

10月はイベントが目白押しですね。行ってみたいと思いつつ、まだ行けていない塩竈市杉村惇美術館
...恒例となった『暮らしの市』が今度の連休に開催されるそうです!
d0155147_17470360.jpg
フライヤーはこちら
d0155147_17471463.jpg
book cafe 火星の庭さんが両日とも古書ブースとして参加とのことで、きつねこぱん工房 麦のパンやお菓子も販売していただけることになりました!!
火星の庭さんでは料理、編みもの、庭仕事、骨董、エッセイなど秋から冬にかけて室内で過ごす時間にぴったりな本をたくさんご用意しているそうです!!(写真は火星の庭さんの店内です^^)
d0155147_17473192.jpg
個人的に気になるのが8日に行われるワークショップで工作「葉っぱでバッタをつくろう」・・・中庭にある葉っぱでバッタを作るそうです。いいなぁ~ (写真お借りしました^^)
d0155147_17474829.jpg
その他にも9日はパン万博もあって盛り沢山ですよ~どうぞお出かけ下さいませ!




[PR]
# by kitsunekopan | 2017-10-03 18:10 | お知らせ | Comments(0)

パンにまつわるエトセトラVol.130 鬼も泣く!?辛味噌の巻

d0155147_19292204.jpg
イグノーベル賞「猫は固体かつ液体か」の参考写真はこちら→
d0155147_19305643.jpg
鬼味噌チーズパン。めちゃ辛いのでご注意下さい(笑)




[PR]
# by kitsunekopan | 2017-09-26 19:44 | 通信 | Comments(0)

ルリタテハなど、最近見た蝶&蛾

今日は散歩中にきれいな蝶が飛んでいました。止まったところにそ~っと近づいて撮ることができました。
d0155147_12004548.jpg
黒と瑠璃色がきれいな羽をゆっくり閉じたり開いたり。ルリタテハでした。
d0155147_12005243.jpg
羽の裏面はまるで樹皮のようです。こうなるとまったく目立ちません。すごい保護色ですね~
d0155147_12005529.jpg
これは以前も載せたベニシジミ。ルリシジミも撮りたいな~と思っていましたが叶わず。
d0155147_12035150.jpg
よく見かける蝶。モンシロチョウだとばかり思っていましたが、もしかしてスジグロシロチョウかもしれません。
d0155147_12073877.jpg
羽の付け根部分に黄色いところがあります。
d0155147_12023833.jpg
これも!
d0155147_12024101.jpg
ここからは綺麗だけど蛾かな?
d0155147_12015954.jpg
モダンなデザイン(笑)のカノコガです。
d0155147_12014954.jpg
こちらの方はシロヒトリ。顔は可愛いんですけどね~
d0155147_12030951.jpg
アメリカシロヒトリのような害はないようです。
d0155147_12031302.jpg
こちら脇が水色で美しいタケカレハの幼虫
d0155147_12053816.jpg
もしかして以前ガラスにへばりついてる何者かはこの蛾だったのかな!?(それともシャチホコガ?)
d0155147_12043599.jpg






[PR]
# by kitsunekopan | 2017-09-23 13:09 | 昆虫 | Comments(0)

奥州涌谷 小里物語 ~小里仇討ち伝説~

今は廃校になった小里小学校向かいの国道沿いに一本の杉があります。なんと、この杉に仇討ち伝説があると知りました。
d0155147_19411053.jpg
小里小学校と箟岳小学校が合併してできた町立白山小学校の校長先生が書いた通信が町報と一緒に配られるのですが、今回はこの伝説のことが詳しく書かれていたのです。400年以上前の伝説で決して今の教育に沿うような内容ではないものの、地域に脈々と伝わってきたものを次代へつないでいくことは極めて大切であるという考えから、長編で難しい内容を子どもたちにも理解できるよう現代文に直し、一部省略・脚色したとのことです。
d0155147_19413691.jpg
この話は昭和52年発行された『小里物語』にも書いてありました。これは(重)の親戚にあたる木村純一さんが個人で調べた当時の個人情報(笑)や政治、産業、教育、人物回想、伝説、民話など満載の郷土史です。
d0155147_20222398.jpg
ここに17歳のお里が仇討ちした小笠原十丈夫の使用した名刀村政が埋められているとあって52年当時で「5回も雷が落ちたが、杉は今尚生きている。その杉の木付近の荒地を田圃に開拓した人は必ずその霊魂のために熱病に侵されたと語り継がれている。」と書かれています。確かにこの杉の木の天辺は雷に打たれたためか、枝がむき出しになっています。
d0155147_19411689.jpg
よく見ると、中心だけが枯れて周りは残ったようです。
d0155147_19412349.jpg
ところどころ太い針金で押さえてありましたが、付近にその伝説を示すような祠のようなものは何もありませんでした。
d0155147_19413045.jpg
いつも通っている道路に面した一本杉にそんな歴史があったとは、本当にびっくりしました。




[PR]
# by kitsunekopan | 2017-09-20 20:20 | 備忘録 | Comments(0)

男の工作室(笑)2

今日は祝日で下の子が休みなので配達がてら鉄のスコップや棒を切断してもらいに佐沼のコメリパワーに行きましたが、出来ないと断られ…グラインダーがあるのなら薄めの刃で切れるからと教えてもらい刃を買ってきました。
d0155147_18442128.jpg
わお!火の粉が凄い!
d0155147_18442914.jpg
ぎゃーーーーエプロンがー!!と慌てましたが大丈夫らしい(^_^;)
d0155147_18443233.jpg
かなり時間が掛かりましたが、手で切るよりずっと早くできたようです
d0155147_18443740.jpg
今日はここまで。
d0155147_18444180.jpg

[PR]
# by kitsunekopan | 2017-09-18 18:55 | 日記 | Comments(0)