きつねこぱんvol.228 春の限定商品です!

いよいよ桜の開花予想も出ましたね!短い期間ですが今年も桜あんぱんと桜クッキーを作ります。
桜クッキーの方はリニューアルして、生地に農薬不使用の玄米粉を使用。甘みはオーガニックメープルシロップです。ノンエッグ、ノンバター、ノンシュガーでも美味しいですよ!
葉っぱ形は桜の葉のパウダー入りでほんのり桜餅が香ります(^^)どうぞご賞味下さいませ。
d0155147_20403736.jpg
d0155147_20414440.jpg
d0155147_20525409.jpg
d0155147_20420427.jpg
d0155147_20542798.jpg
しばらく休んでいた有機白ごま入りの和風グリッシーニも再開します!お花見にもどうぞ!!
d0155147_20483957.jpg


# by kitsunekopan | 2019-03-16 20:55 | 通信 | Comments(0)

オールドレンズで枯れ草を撮る

芽吹きの春が来る寸前、枯れ草が最終形でとても美しいのでオールドレンズで撮っています。
d0155147_19345196.jpg
d0155147_19343873.jpg
d0155147_19344242.jpg
d0155147_19345543.jpg
d0155147_19345905.jpg
d0155147_19350774.jpg
d0155147_19351965.jpg
そして腐葉土の中から今年もクリスマスローズがムクムクと湧き出してきましたよ~
d0155147_19474815.jpg

# by kitsunekopan | 2019-03-15 19:49 | 日記 | Comments(0)

最近読んだ本&マンガ 『わたしもじだいのいちぶです』他

先日、涌谷町の図書室に行くと、ちょうど猫の日だったからか、猫に関する本がセレクトされていました。そこで借りたのが『俺つしま』Twitterで連載していたものの書籍化だそうです。なぜ野良猫になったのかのエピソードが泣ける。リアルに描き込んだ猫と対象的に簡素な飼い主(おじいちゃん)との対比も面白い(^^)そして、ちょうどバイトのMさんが入ってきて、これこれ!と本棚に案内されたのは樹木希林さんが出演する映画の原作で森下典子著『日々是好日』そして、その隣にそっと置かれた『茶席の菓子』。そんな気遣いが素敵だとMさん力説(笑)
d0155147_13042077.jpg
茶席の菓子』は昭和54年発行でもう40年も前の本ですが、『日々是好日』に出てきたお茶菓子を照らし合わせて探してみるとけっこう載っていました。映画もぜひ観てみたいと思いました。
d0155147_13042907.jpg
わたしもじだいのいちぶです』は友人のお母様がクラウドファンディングで出版された本。
内容紹介より・・・川崎臨海部の工業地帯に位置する小さな町・桜本。戦前から現在に至るまで、様々なルーツを持つ人々を受け入れてきたこの町に、字の読み書きが困難な在日コリアンや日系移民の女性たちの集う識字学級がある。彼女たちは周囲の人から「ハルモニ」(韓国・朝鮮語でおばあさんのこと)と呼ばれている。戦争や差別が原因で、高齢になるまで文字を学ぶ機会を奪われてきた彼女たちは、この識字学級で自らの人生や日々の生活を丹念に作文につづってきた。本書はこれらの作文を50本ほどに厳選して収録し、彼女たちが生きた時代とこの社会の今を浮かび上がらせる。学ぶことをあきらめなかった女性たちの、みずみずしい言葉に満ちた生の記録。
時代に翻弄され、国民国家からも排除されてしまった人々。なぜ普通に暮らしていた一市民がこんな目に合わなければならないのかと怒りと悲しみが止まりません。それでもハルモニたちは日本語を学び、言葉を獲得することによってこのようなことがあったのだと表現することができたことは本当に良かったと思います。それは教える者、教えられる者、といった上下関係ではなく、学習者、共同学習者とした「ふれあい館」の識字学級の素晴らしさでもあります。時にストレートではっとさせられる言葉が綴られています。
d0155147_13171051.jpg
バーバラ・M. ウォーカー (著), ガース・ウィリアムズ (イラスト), 本間 千枝子 (翻訳), こだま ともこ (翻訳)『小さな家の料理の本
内容紹介より 『大草原の小さな家』のシリーズに登場する103点の料理とお菓子の作り方を紹介し、開拓時代のアメリカの食生活と暮らしを描く。
前回の通信にも書きましたが、お借りしたDVDを観ていると、出てくる生活道具や料理は本当に興味をそそられることばかり。そこでこんな本があることを知って早速取り寄せました。ダンプリング料理についてもまた書きたいと思います。
d0155147_13042416.jpg
これは少し前に図書室にお願いして県内の図書館から取り寄せてもらった本。辻田 真佐憲 (著)『空気の検閲』國分 功一郎 (著)『暇と退屈の論理学』2週間という期限内には到底読みきれず、途中で返却(泣)
d0155147_13043797.jpg


# by kitsunekopan | 2019-03-02 20:10 | 最近読んだ本&マンガ | Comments(0)

パンにまつわるエトセトラ その147 ダンプリング料理「大草原の小さな家」より

昔懐かしいアメリカの古き良き時代のテレビドラマ「大草原の小さな家」。日本では1975年から放送されました。私が子供の頃に観たのは本当の初期の頃だけですが、昨年、友人からシーズン5からのDVDをお借りし、週末などに少しずつ観ています。
暮らしの何もかも手作業、手作りで本当に骨の折れるような生活ですが、根底には宗教心と感謝の気持ちが溢れているのでどの回を観ても感動してしまいます。出てくる料理も興味深いのですが、先日、お?と思ったのが、オルソン家の長女ネリーが結婚したダンナ様がユダヤ人で、ウォールナットグローブでは珍しい料理(マッツォ、クレップラック)を食べているとのこと。。。調べてみると、マッツォ(マッツァ)は酵母の入らないクラッカー状のパンで、マッツァオ・ボールスープというのもあるようでユダヤ料理の定番中の定番。お母さんの味なのだとか…クレップラック(クレプラハ)は中に肉の入ったダンプリン(餃子のようなもの)でチキンスープに入れて食べるのだとか。出た!世界のダンプリング料理!!!(笑)やはり粉を練って茹でる料理は基本中の基本なのですね~他に出てくる料理も気になるので、大草原の『小さな家の料理の本』ローラ・インガルス一家の物語から...という本を購入しました。その話はまた今度(^^)
*前回の通信で「捨てる」が「拾てる」になっていました。申し訳ありませんでしたm(_ _)m
d0155147_19205700.jpg
d0155147_19270424.jpg


# by kitsunekopan | 2019-03-01 19:27 | 通信 | Comments(0)

きつねこぱん Vol.227 春のお菓子です!

寒さもあとひと踏ん張り。。。春が待ち遠しいですね(^^)今年もひと足早くお花畑のビスケットをお届けします。春のお花が咲くのを待つ間、お楽しみ下さい。
そして久々にきつねこビスケットも登場!今回はクッキー生地を変えてみようと、モカチョコ?チョコモカ??2種類試作し、結局どちらか一方に決められない(^^;; ということで2種入り。
有機コーヒーの生地にオーガニックチョコ入りとココア生地に有機コーヒー入り。さてどちらがお好みでしょうか?
型は工房もくきちさんに彫っていただいた特製です!どちらも卵・バター使用。賞味期限は製造日より2ヶ月です。
d0155147_18245399.jpg
d0155147_18241881.jpg
d0155147_18242365.jpg
d0155147_18243295.jpg

# by kitsunekopan | 2019-02-17 18:27 | 通信 | Comments(0)