<< 連休中のお休みのお知らせ おっさん犬の鼻 >>

パンにまつわるエトセトラVol.137 禁断の主食重ね…の巻

先日Twitterで岩手の某パンメーカーさんが新発売したという、カレーパンを食パンに挟んだ「カレーパンサンド」の情報が流れてきました。
衝撃的なそのパンはけっこうな話題になっているようで、4月12日はパンの日だったこともあり、ラジオで食べた人の感想を聞きました。それによるとどうやら挟んであるカレーパンは薄めで例えるならハムカツサンドのような感じとのこと...なるほど、それなら美味しいかもね(^^)
そのパンメーカーさんは台灣の「揚げパンサンド」をヒントに開発したとのこと。確かに以前読んだ本に油條(ヨウティアオ…揚げパン)を焼餅(シャオビン…焼きパン)に挟んで食べるとありました。その他にも焼麻精熱歴吐司(大福のホットサンド)や飯團(油條入りおにぎり)など台灣では炭水化物+炭水化物がけっこうあるようです。
私も試しにカレーパンサンドを作ってみましたよ~。平たく成形したカレーパンが揚げたら思いのほか大きくなって食パンから大幅にはみ出してしまいましたが(笑)もの凄いボリュームで食べごたえあり!半分で充分お腹いっぱいになりました(^^;
炭水化物の重ね食べは健康的ではありませんが、食に対する探究心には感心するものがありますね(^^)
d0155147_19283499.jpg
カレーパンサンドはこちら、ウィンターノーズについてはこちらのブログをどうぞ~




[PR]
by kitsunekopan | 2018-04-21 19:37 | 通信 | Comments(0)
<< 連休中のお休みのお知らせ おっさん犬の鼻 >>